2021.11.28
つづきです。
私はむかし腰痛がひどく、当時枚方市駅前のジャンボビルにサウナがあり鍼灸の先生がいて治療を受けられるので来ていました。施術する先生は亀岡市の鍼灸の学校を出たまなしで、それから何年かして京阪沿線のある駅近くで鍼灸院を開院されました。それからまた何年かしてお会いすると、先生の鍼灸院は患者さんが少なく閑だとぼやいておられたです。
その時に話されたことですが、自分の鍼灸の先輩は以前に阪急沿線(豊中か吹田の方を言われたと思います)で開院した。今は患者さんが多くてはやっている。自分は京阪沿線で開院したのが失敗だったと。
つまり阪急沿線の住民は高所得者が多く京阪沿線の住民は所得が低い。腰痛や肩こりや足のしびれなどは我慢しょうと思えば出来るもので、所得の低い人は我慢して鍼灸院を利用しない。だから自分の鍼灸院は患者が少なく閑だと。こうした理屈でした。
鍼灸院、フィトネスクラブ、ヨガ教室など、お金に余裕のある人が利用する傾向があるでしょうか。ああー気持ちいい!スッキリした!。確かに余裕があってこそ行くところでしょう。枚方市駅前は豊かできっと余裕のある人が多く歩いているんです。ですからそうした施設が幾つもあります。


2021.11.27
枚方市駅前の新町一丁目8番のビルです。
今は 1F の一部はカラオケ店で看板の明かりがついていますが、他は閉じてあるようです。
もう40年以上前のことですが、このビルの上の階にサウナがあり、当時住んでました八幡市から京阪に乗ってきたことがありました。その時も今とおなじように横にラーメン店があり食べた記憶があります。
数年前まではビルの左の入口の前に男の人が立って上の階への案内をしていました。今は完全に閉じてあります。


2021.11.26
今日もネタがないので前の23日に撮ったテレビ画面を使ってひと言。
昼過ぎの解説番組で木下都議の辞職表明を出演者が論評しています。左は大谷さん、まん中は弁護士です。
内容は聞いていませんから各コメンテーターがどう言ったのか知りませんが、無免許運転の都議の話しですからしょうむないです。そんなことはほって置いたらいい。大谷さんは前はまともな新聞記者ですから、放送局に呼ばれて出演したらギャラになるのか知れませんがもったいないことです。マスコミがこうした話題を取り上げて放送時間を使ったら、もっと大事なことを放送する時間がなくなります。私はそこに大きな陰謀があるんじゃないかとさえ思うほどです。

よく軍がクーデターを起こした時に真っ先に放送局を占拠しますね。そして戒厳令をしきます。そして中でもテレビ報道は強力な統治手段になります。吉本のお笑い芸人がよくテレビ番組に出てきますが、その度にこれは政府の政策じゃないかと最近疑うことがあります。


2021.11.25
つづきのような。
「岡東町の今」でも「岡東町のこと」でも検索で現在は一位で出ます。一位で当てて欲しいとグーグルに頼んだことはありませんが、きっと A I が引いてくるんでしょう。
数年前のテレビのニュース番組で、退職者が数人集まり村の有線放送を十数年やってきて、メンバー全員が70~80才になり病気する人もあり続けられない。それで有線放送が終わる最終日にテレビのクルーが取材に行って、今まで放送に関わった人を番組の中で紹介していました。

放送といっても、村の電柱に取り付けたスピーカーから、♪ ピンポンパンポン ♪ 「○○の溝の掃除を何日何時からします」♪「△△の家の前で野菜が売られています」♪「□□に公民館で◇◇があります」♪ などですが、時には防災放送の役目もしました。
この村の有線放送をやって、それが特別に村の為になったかは確かでありません。ただやっていた人達は好きでやってたことは確かだと思います。
あの番組を見ていて思いましたことは、昔の中学校の時に放送部員ていました。職員室の横に放送機材の置いてある小さな部屋があって、先生が♪ ピンポンパンポン♪ と構内放送をされて、それがときどき♪ ピンポンパンポン♪の後に、生徒の声で何かの連絡事項があって、あれは同じ学年のあいつの声やと分かった。そういうことの好きな生徒っていました。その人達が大きくなって会社を退職して村の放送局をやっていたかも知れないなと、そんなことを思いました。
私も「この町の風景」をもう5年ほどやっています。きっとこんなことが好きなんでしょう。このページを載せてるジンドゥーのランニングコストは月々僅かな額です。だから同じように好きな人が何人かいて投稿してくれたらこれは面白い試みになると思ってきました。しかしありません。それは難しいことなんですね。しかし簡単に投稿があってそうしたことが出来るくらいなら他の人もやっていて、例えば「この町のこと」のキーワードで検索してこのページが一位に当たることはないんです。


2021.11.24
つづきのような。
「枚方市駅前のこと」をグーグルで検索しますとこのページが一位で出ます。
「この町の風景」でも「この町のこと」でも一位です。「枚方市のこと」は10位ですが1ページに出ます。
しかし書いている私は結構いいかげんで、23日付けの文章の中ごろ「1年ほど前の新聞記事」ですが、うろ覚えで最初は研究者が対人口あたりの自殺者の多い少ないに基づき市町村に入って調査したと書いていましたが、夜中にそうだったかなと思い、深夜にパソコンのところへ行って書き直したようなことでした。正しくは自殺者が少ない町村に入って調査したんじゃなかったかと思います。そうしたらそういう地域は町内会などの深い付き合いや濃い人の関係がないという、逆にうすいという結果が出たんです。確かそうだったと思います。後で気が付いて書き直しました。
また記事を毎日載せるようにしていますがネタのないときや書くことのない時など抜けます。それを後日に数本書いて抜けた日に入れることがあります。また明日付でUPするような記事もあります。いいかげんです。


2021.11.23
つづきのような。
写真は岡集会所の入口のガラス扉に貼ってある「集会所ご利用の皆様に」。コロナ対策のことです。
この話しと何の関係もないことですが、「この町の風景」を見に来た他の町の住民が、このホームページを何か月も遡って見て、岡東町は自治会の活動があり、老人会もあり、さぞや良い町だと思われるでしょう。えぇ、そうです、良い町です。その良い町の基準て何でしょう。この話しは難しい話ですが。

もう1年ほど前の新聞に、大学の研究者が対人口比で自殺者が少ない町村に入り調べたことが書いてありました。内容は、町内会などの近所の住民の繋がりの弱い、うすい地域は自殺者が少ない結果が出たらしいです。普通に考えますと、町内会などの活動の活発な地域の繋がりが強いほど助け合って自殺者が少なくなると思いますが、そうではなくて逆だったんです。
自治会や町内会や老人会などは入る入らないは自由です。ところが入らないのが心の負担になる人も中にはいるんですね。出て行って付き合わんならんと思うとしんどくなる人が。ですからこうした会はある程度ほったらかしの方が良いのかもしれません。必要だと思えば本人が自由意思で出て行って参加する。ちょうど私のような態度が良いのでないかと自分は思っています。
そうしてストレスをためずに、例えばこのページに自治会長さんを批判する文章を書くとか、老人会長さんをこき下ろすとか。そうしてストレスをなくす。普通は何を書いても、会長さんがこのページを見に来たはることはないでしょうから知れることはないです。しかし誰かが告げ口するかも知れないですね。橋本がこんなこと書いてまっせと。その時はその時です。しょうがない。


2021.11.22
つづきです。
老人クラブ食事会の前のホワイトボードに11月定例会、式次第が書いてあります。
1、清水会長挨拶
2、橘内自治会長挨拶
3、中司宏衆議院議員挨拶
4、新会員紹介
5、乾杯(寺嶋副会長)
6、会食
定刻に中司宏さんが来られて当選お礼の挨拶をされました。今年度、老人会に入会した新会員は13名で内の2名の出席でした。会場は窓を開けて、席を空けて、大きな声を出さずに上品な会合でした。ビールは弁当の横に小缶1本でした。


2021.11.21
写真は岡集会所 1F玄関ホールの手の消毒液です。
昨日、20日(土)の12時より この 2F会場で岡東町老人クラブの食事会 「久しぶりにお会いしましょう会」がありました。
検温し会費1000円を払いマスクをして部屋に入りました。新型コロナ感染予防のため昨年2月15日(土)の「意賀美神社観梅会」以来の久しぶりの老人会の定例会とのことでした。


2021.11.20
16日(火)朝日新聞朝刊の11ページです。ニューヨークの高級不動産のことが書いてあります。
写真上はセントラルパーク南端に立つ超高層マンション群。下は96階建て最上階ペントハウス767㎡、約191億円。こうしたマンションの特徴は高さだけでなく細さである。周囲の「上空権」を買い取って市の規制より高い建物を可能にしたと。

この写真を見て引き倒したくなるのは私だけでしょうか。鉛筆のように細いマンションの首根っこにロープを結わえて皆でセントラルパークから引っぱって倒す。倒れるぞーと。 ISはいかんしテロリストもいかんけど、超高層のおごりたかぶりに何か罰が当たっていいような、そんな気がします。しかしこの岡東町にはそんな高い建物はないですし、住民の心はいたって平安です。


2021.11.19
14日(日)午後5時、T-SITE 前です。枚方宿ジャズストリート 2021 をやっていました。ライブです。
新型コロナのことがあるからか例年より聴衆はばらけて聞いていました。

ジャズはおしゃれです。この場所で今まで何度か房原忠弘氏のトランペットを聞いたことがありますが、この時は女性一人と男性4人のバンドでした。
音楽は「枯葉」のメロディーだったと思います。しかし後で考えますと確か「枯葉」はシャンソンですね。何も分からんと聞いているんです。

マイクを持った女性が、次は定番の○○と言いましたがその内容はよく聞こえなかったです。
通行人がひと時、立ち止まり音楽に耳を傾ける。枚方市駅前の文化です。


2021.11.18
前と同じ私市の植物園です。一面、緑の壁です。

15日(月)に M さんのご逝去を知らせる町内の回覧がありました。
心よりご冥福をお祈り致します。

M さんの割烹のお店は私が岡東町へ来た昭和の終わりごろは表通りにありました。岡東町青年会の初代会長さんだと聞いたことがあります。


2021.11.17
同じ私市の植物園です。
メタセコイアの巨木が並んでいます。紅葉しているところとまだ緑のところがあります。
家で画像を見ていて気が付いたことですが、園内でイチョウの木はあったでしょうか。記憶にありませんが、それはあったでしょうね。

大木が枝をはっているところで空を見上げて撮りました。
私の横を通って行った若い男女がこの先の尾根筋の先端で西向きに並んで座り、後ろにホタテ貝のようなテント幕を広げました。日光浴をしているんです。


2021.11.16
同じ私市の植物園です。
園内には尾根筋や谷筋、また森の中を行く道があります。

先日、前の自治会長の Y さんのご逝去を知らせる町内の回覧がありました。
心よりご冥福をお祈り致します。


2021.11.15
昨日は久しぶりに私市の植物園へ行ってきました。枚方市駅から交野線に乗って終点の私市駅歩いて5分ほど。入園料は350円でした。
天気が良くコロナウイルス感染も減っていますのでもう少し人がいるかと思っていましたが比較的少なかったです。園内は大きな樹が茂り緑が美しかったです。またところどころ樹の種類によって分かれていて紅葉している一画もありました。写真は午後3時前です。風景はもうすこし明暗があり左から光が差しています。大きな樹の下場は写真よりもう少し暗かったです。そこのところが私の腕では撮れませんが。


2021.11.13
岡東公園の下の自治会掲示板です。
昨夕5時20分、前の道から撮りました。この時刻でもう暗いです。道を歩いていて、もの凄く早く暗くなっていく気がします。歩いていて公園斜面の花を見て、前を向いて、次に先ほどの横を向いたら、さっきより暗くなっています。
掲示板には自治会の役員さんが貼られます。右上のコロナ感染予防の「マスク、手洗い、ひとり一人が、気をつけて!」は前からですが、白バラ講座、交番だより、みどり新聞、は新しいのをその都度貼られたものです。


2021.11.12
NHK夜9時のニュース番組です。昨日の記事と何の関係もありませんが、ネタがない続きで昨夜のテレビ画面を撮りました。
それにしてもテレビの女性アナウンサーは美人ばかりです。この女性が枚方市駅前を歩いていたらきっと人目を引くでしょうね。

しかし考えてみますと、NHKはもう少しどこにでもいそうな女性をアナウンサーに起用してはどうでしょうか。そうでないと全国の家庭で夜テレビを見ていて横を向いたら配偶者との落差が激しくて家庭で不和がおこりかねません。それは皆様のNHKにしていかがなものでしょう。今の女子アナウンサーは一旦活躍の場を銀座か六本木か赤坂に移してもらって。
その空席になった女子アナウンサーの穴埋めに、例えばNHKが枚方市駅前の陸橋の上を普通に歩いている枚方市のご婦人にテレビに出ませんかと声を掛けてスカウトする。ニュースの原稿ぐらい直ぐに読めますからと。・・・もしそんなスカウトマンが枚方市駅前に現れたら危ない話しですが、ジェンダー論の見地からはどのような議論になるでしょうか。


2021.11.11
今日もネタがないので 2021.11.08 に関連して前から疑問に思うことを。
今、野党の政治家が一番取り組まなくてはならない問題は非正規労働者の給与の低さではないでしょうか。ネットで調べますと正規労働者(40歳)が年収500万に対して非正規の年収は200万~250万ほどです。倍から2.5倍ほど違います。これでは生活がしづらく未来に希望が持てません。
正規労働者が3500万人、非正規労働者が2000万人ほどです。日本の総人口の中で大きな塊です。ここを何とか組織化して支持を集めることは野党第一党の最重要課題です。
SDGsの問題も大事、子育ての問題も大事、ジェンンダーの問題も大事、LGBTの問題も大事かも知れません。ですが現に今、毎日安い給料で働いている非正規労働者のことを第一に考えないで何のための野党第一党でしょう。
NHKのニュース番組で男性アナウンサーが貧困に関係して、ご婦人の生理品のことを取り上げてました。しかしこちらはテレビを見ている男性視聴者として、ちょっと困惑するものがあります。内容が憚られると言いますか、女性アナウンサーなら知らないけど、男性アナウンサーがスーツにネクタイ姿で報じることではないだろうと思うのです。そのことはちょうど今、立憲の男性政治家が非正規労働者の問題に集中しないで、ジェンンダーやLGBTの運動しているところに自分では重なります。私が古いのかも知れませんが。


2021.11.10
つづきです。
御殿山神社の境内です。どんぐりの実が落ちてきて、バケツやベンチにあたると大きな音がします。
この写真を見て文章を書いていて、昔の小学校の時に友達数人で近くの山へ栗の実を取りに行った時のことを思い出しました。

農家が栽培している栗の木でなく山に生えている栗の木ですから落ちている栗を拾う分には怒られません。しかし枝先になっている栗を取るのに枝を折って取りますから木を傷め、それで大人に見つかると怒られるから普通は逃げろー!になりました。
ある時その同級生グループの中に大きい家(名家)のお坊ちゃまがいて、そしたら大人が竹を切って先を割ってチョキにして、これで高い所の枝も折れますと言って作ってくれました。その同級生は元地主の家の子で、その大きい家は町では評判が良かったです。
しかしきっと大きい家には大きい家の、財産家には財産家の悩みがあって、地代が入ってくる、家賃が入ってくる、それでも出ていくものも大きくて、その時代の当主は大変なんでしょう。そして町から何か頼みにきたら、あるいは数人で何か願い事にきたら、聞くこともあったでしょう。きっとそうした苦労を普段からされているから町の人に評判がよかったんです。
それであの時は、グループの中にその家の子がいたので大人が竹を切って道具を作ってくれたんだと思います。


2021.11.09
先日7日(日)、天気が良く暖かいので隣駅の御殿山まで歩きました。写真は午後3時30分の御殿山神社の境内です。
境内は静かでほとんど人がいません。もうこの時刻に太陽は西に傾き斜めから射しています。地面にどんぐりの実がいっぱい落ちていました。

上と同じ地面をカメラを近づけて撮った写真です。地面のドングリが左から光を受け右に影を作っています。この間にもボトボト落ちてきて大きな音を立てます。
境内の近くの木と木の間にネットが張ってありここで近くの子供が球技をして遊ぶようです。

2021.09.21 に百濟王神社の近くで住宅建築の計画があるようですがその土地を枚方市が購入して公園に整備したらどうですかと書きました。それに近いような話しを以前に他で聞いたことがあります。
土地持ちの資産家には資産家の悩みがあります。固定資産税や相続税などの問題はきっと頭が痛いんです。土地は先祖からのもので金額に拘わらず売ることは出来ない。しかし町のためになるのなら借りて使ってもらうのは結構や。それで固定資産税は免除、相続税も減額になると。それで何十年間の使用契約をして僅かな地代をもらっている。・・こうした私と公との組み方があります。


2021.11.08
2021.11.05 のつづきのような。
総選挙の前にNHKが昔のように党首討論会を放送しないのは民主主義に背くとする考えに私は賛成です。
そう自分が考えるのは若い時に受けた義務教育によると思います。皆で討論をして決めていくことは良いことだ。また労働者の権利は守られるべきだ、などを教わりました。

その自分の団塊の世代は大きな塊りでした。選挙は総得票数の勝負ですからこの大きな塊りを味方につけることは重要で、ですからいつの時代も自分の考えとだいたい選挙公約は一致してきました。
それがどうして今は野党第一党が非正規労働者の問題にもっと取り組まないか疑問でした。障害者福祉は大事でしょうし、LGBTも大事でしょう、ジェンダーも大事でしょうが、しかしそれは社民党や共産党にまかせておいて、立憲は非正規の問題に特化したらいいのにと考えていました。
そんなことを思って昨日、公園の掃除から帰ってきて朝刊を読みますと、写真のように日経新聞1面記事に「日本に潜む政治の分断」とあります。投票行動の分析から、40歳未満だけでは自民党支持が多い。米国と同じで社会の分断の予兆を指摘しています。
しかしよく考えてみますと、団塊の世代は既に社会の中心ではないんです。65歳以上の高齢者が全人口に占める割合は30%ほどですから、大きな塊の方は若い70%ほどにあります。自分はもう社会の端の方にいるんです。それでこのごろ分からない分からないが多いんです。


2021.11.07
今朝8時より岡東公園の掃除をしました。参加者は20数名でした。
写真は掃除を終えた後に、老人会長さんのお話しを聞きながらペットボトルを飲んでいるところです。一部写っていない人もいます。高架横のファミリーマートまで買いに行き持って帰るのを手伝いました。
今朝は府会議員の山田けんたさんが掃除の手伝いに来て下さっていました。山田さんは前にも数回この公園掃除でお見かけしたことがありますが、山田さんのホームページのことを先日書いたまなしですので、朝に公園に行ったら本人が来ておられてびっくりしました。しかもその続きの内容を昨日に書こうとして上手く書けなくて、昨日は他のを載せましたが、まだ内容を考えている途中でした。
散会した折に自己紹介でもないですがご本人に先日の書いた内容を言いますと、外国では選挙の前には候補者を取材してどんどん放送しています。日本でそれをしないのは、一つにはスポンサーに気を使うからではないですか。しかしおかしいことですし、また府議会のことなどももっと取り上げて放送するようになればと、こんなお話しでした。


2021.11.06
昨夜8時30分のふれあい通りです。陸橋の上から撮りました。
市民会館の前や岡東中央公園にテントが張られ菊花展をしています。
この時間にこちらの方へ、つまり駅の方へ歩いてくる人は残業した帰りでしょうか。向こうへ歩いて行く人は、先にあるマンションへ帰る人でしょうか。 


2021.11.05
つづきのような。
昨日、立憲の大阪府議会議員の山田けんたさんのホームページを見にいきました。そこにあるツイッター10月30日に「選挙最終日、この時間テレビではどのチャンネルでも党首討論もなく、政見放送すら流されない。NHKすらバラエティ。こんなんで投票率は上がらないし、民主主義は機能するはずがない。」が載っていました。
山田けんたさんは36歳と書いてありますから平野さんや私の半分の年齢で若いです。3回り違います。しかしこのツイートは、私の認識や価値観と共通します。それでこの文章について書いてみようと思いました。
確かに総選挙が近づいているのにNHKが党首討論会をしないのはおかしいです。昔の私の若い時のことで憶えていますのに、選挙前のNHK党首討論会の最中に東京で地震があり会場が揺れました。そうしましたら社会党の成田委員長でしたか、今の地震は今度の総選挙の結果これから日本社会が大きく変わる予兆で、まだ自民党の人は今の地震を感じていないのでないか、と言って皆さんを笑わせました。各政党党首の皆さんが大人で、聞いていて面白かったです。今でも選挙前に党首討論会をすれば私はきっと視聴率が稼げると思います。
10日ほど前の新聞に 選挙の前にテレビが政党討論会や候補者の政見放送をしないことについて、放送局の事情が書いてありました。それは番組の中で、政党や候補者によって取り上げる時間や扱いに差があるとクレームがくるので大変気を使うらしいです。それで一つには番組製作者が逃げるからであると。新聞と違い放送局は電波のことがありますので国に対して弱くてクレームが怖いですからと書いてありました。
しかしこうして選挙の前にテレビがバラエティ番組ばかり流していて、国のために、社会のために良いはずがありません。それがおかしいことは多くの人は分かっているはずです。ですから先ずその点を正す政策を考えてはどうでしょうか。私は社会に支持されると思います。みんなもうテレビのバラエティ番組にうんざりしているんですから。


2021.11.04
平野博文さんのホームページのパソコン画面です。
選挙が終わり何か書いてないかと思い見にいきましたが同じでした。
平野さんとはもう10年以上前ですが、枚方市駅前の寿し活さんへ入ったら奥の席におられて、いつもポスターで見馴れたお顔だから、あぁ!と思ったら、向こうは、やぁー!という感じでした。初対面ですが私は有権者ですから。それから半年ほどして官房長官の要職になられたです。私は枚方市の質屋ですが、向こうは「国家」です。それでも同じ歳ですから、どちらも同じ時代の戦後の教育を受けてきて価値観は近いところがあるのでないかと。しかし落選されたです。


2021.11.03
橋本質店のガレージの花水木の紅葉です。

ガレージに脚立を立て、太陽が当たっている下枝の紅葉を上から撮りました。もう上の方の枝はおおよそ落葉しました。
樹が老いてきて根が吸った水や栄養を上部の枝まで上げる力がなくなり、上の葉から先に落ちます。葉っぱの大きさも下の方が大きくて立派です。そして葉っぱをよく見ると紅葉といっても朽ちてボロボロになっているんです。毎年秋になると葉っぱ全員の死です。それを何十回か繰り返したら今度は樹本体の終わりです。・・同じ時に撮りました画像をトリミングして今月の上の額に使いました。


2021.11.02
写真の左は10月27日の朝日新聞16面、衆院選挙大阪11区の3候補の選挙運動の現況を解説してあります。
「中司がややリードし、平野が懸命に追い、佐藤が引き離されている」。
写真の右は投票が終わって月が変わり11月1日午前1時のNHKテレビの開票速報の画面の一部です。

政治のことは門外漢ですが、選挙の結果には関心があります。左の新聞を読んで、枚方選挙区の状況はこうなんだと理解していました。選挙当日の夜8時からNHK開票速報をずーと見ていました。結果は新聞の解説通りではなかったです。
国民にとって衆議院選挙は国の方向を決める最も重要な事項です。ですがやはり政治のことは分からないのも事実です。それを知っていますから昔から政治に関わる人にどうしてもある種の山っ気を思います。そして私の世界ではないと。こうしたことは一般的な浮動票の心理ではないでしょうか。ですが同時に選挙結果が重大であることは知ってます。ですから視聴者を引き付ける力が強く、私も開票速報を日付の変わるところまで見ていました。


2021.11.01
昨日の朝刊の折込に入っていました「FM ひらかた最終号」、閉局のお知らせです。
FM ひらかた 1997.1.15 の開局から2022.02.28 の閉局の25年史です。市長さんの挨拶文に「情報伝達手段の多様化やリスナーの減少など・・効果検証を行い、委託廃止を決定しました」とあります。
運営を続けるのに枚方市はどれだけのお金が要るのか知りませんが閉局は残念なことです。全ての人がスマホを扱えるわけではありませんし、何でも費用対効果で無くしていいものではないと思います。ああして枚方市駅のコンコースにショーウインドウのようにして FM 局があるのは駅の、また町のグレードを上がてよかったんです。