2019.12.14
橋本質店のガレージです。
サンシュユが紅葉し、時々少しの風にも落葉します。今はガレージの砂利の上に落ち葉がいっぱいです。
砂利の上は葉っぱを掃きにくいのでそのままにしていますが、風で前の道路まで飛んでいった枯れ葉は塵取りと箒を持って掃きに行っています。


2019.12.13
私事ですが一昨日当店のパソコンをSEさんにWindows10に入れ替えてもらいました。
そして新しい10のパソコンと前の古い7のパソコンを両方使えるようにしてもらったのですが、私が昨日不注意にも古い7の方のパソコンを机から落としてしまいました。完全に壊れたようです。2台のパソコンを机の上にどのように並べるか試し中の不注意による落下事故でした。
新しいパソコンはまだ使い方が分からないことがありますので更新が思うようにできません。あしからず。


2019.12.12
10日の朝日新聞朝刊、大阪東部・河内版の切り抜きです。
左の上から行を変えての記事は、枚方市が財源確保に下水道マンホールのふたに広告を募集する内容です。
今回は岡東町 T-SITE 前にある3ヶ所と市駅前の歩道、枚方公園駅前とです。費用は1年あたり 69000~108000。問い合わせは市の上下水道局下水道管理課、です。


2019.12.10
今朝の日経新聞の一面です。『 価格が映す日本の停滞 』。
新聞はこれを言うのにディズニーランドの入場券やダイソー(100均)の海外との価格の比較を書きます。そして「伸びぬ賃金が負の循環」を生んでいると。
多くの人は既に知っているのではないでしょうか。
この一番の原因は派遣やパートの非正規の人の労働条件に問題があることを。そして普通はそれを改善するのに野党が取り組まないといけないのにそれが出来ていないことを。その原因は非正規は団体でないからほっておかれていることを。
枚方市駅前のドラッグストアやスーパーのレジや、また岡東町に商品を配送している人など、この町には実に多くのパートや派遣の非正規の人が働いています。
そして一番の問題は、こうした非正規の人の難儀を多くの人は知っていて、このままでは社会全体として危ないと薄薄は気が付いていることではないですか。


2019.12.09
つづきです。
昨日載せました「 HIRAKATA SONIC 」のポスターです。
7日(土)の散歩の帰り夕5時30分ごろもう一度、岡本町公園を覗きますと、ステージが終わり後片付けをしていました。このポスターは「この町の風景」の記事を書くのにパンフレットやポスターが手元にあると都合がいいので本部席の人に要らないなら一枚くれないかと言ってもらってきたものです。だまって剥がしてきたものではありません。
ポスターには若い女の子のグループばかり分かるだけで10チームあります。2人、6人、6人、1人、1人、10人、4人、9人、6人、4人です。本部席の人にお聞きしますとこの「 HIRAKATA SONIC 」は今回が初めてでこれから偶数月の第1土曜に開催されます。11:30~17:00 岡本町公園。主催は枚方宿地区まちづくり協議会で五六市と同じです、とのことでした。
この時は気が付きませんでしたが翌る日の8日(日)は第2日曜ですから五六市があります。枚方宿まちづくり協議会の人達は大忙しです。


2019.12.08
昨日、4時30分ごろ散歩にイオンの前を通ると音楽がしますので何の催をしているのか岡本町公園へ見に行きました。
ポスターには「 HIRAKATA SONIC 」from 京街道 Vol.01 観覧無料!主催は枚方宿地区まちづくり協議会、です。
公園の奥のステージのところで白い衣装を着た4人グループの女の子がテンポのよい音楽にあわせて踊っていました。催し会はピークを過ぎた時間のようでしたがまだ多くの人が聞いていました。中には音楽に合わせて身体を揺すっている男子もいました。写真は観客の中に入って行かないで離れた街道筋から撮ったものです。


2019.12.06
2019.11.30-2 の最後に「・・近々に優秀なライターさんにご寄稿いただけるようになるかも知れません。ご期待ください!」と書いていましたが、寄稿いただけないことになりました。
予定していました枚方市の人は写真も撮れ文章も書ける方ですが、私の考えは一旦原稿をメールで預かって、訂正の必要なものは訂正してから載せる方向でした。しかし先方は自由に書きたいとの事でしたので寄稿の話しはつぶれました。
そんなことで私方もネタがなく書けないことがよくありますので「この町の風景」はこれから休む日が多くなります。


2019.12.05

東京に山の手があるように、枚方では枚方市駅周辺の岡東町、岡南町、岡山手町の一帯が山の手でしょうか。その中でも資本の集積、文化の高さ、住民の気質等々で、山の手という意味では岡東町が一番でしょう。
そして山の手には山の手の良いところがありますし、また下町にも下町の良いところがありますが、ただ思いますことはお互いに良いところの真似をしても悪いところの真似はしない方が良いと思います。
よくテレビに「大阪のおばちゃん」というキャラが出てきますが、あれは下町の庶民的なものを表すこともありますが必要以上に下品さを売りにしているところがあります。別に高くとまることはないですが何もそんなに下げることはないと思うのです。
それにどうして吉本のお笑い芸人がテレビのレポーターや番組によく出てくるのでしょうか。簡単に一定の視聴率が取れるからでしょうか。ギャラが安いからでしょうか。もっと普通の人が普通にレポートした方が喧しくなくて落ち着いて見られて良いと思います。「この町の風景」は喧しくなく普通に暮らしている町の風景を伝えたいです。


2019.12.04
右は橋本質店の角の歌壇です。
今はパンジーとビオラともう一種類植えています。前の 2019.11.03 に載せました夏花の千日紅とペチュニアを引いてコメイさんで買った冬の花苗に植えかえました。
左は近くのマンションの外壁と民家との間です。2階の庇から柿のようなものが吊されています。離れた道から見るとむいてあるように見えます。そうしますと干し柿ですか?いや、野鳥が食べに来て喜ぶようにですか?面白いので撮らせてもらいました。


2019.12.03
今日の、橋本質店の軒下の掲示板です。
右は「歳末たすけあい運動」つながり ささえあう みんなの 地域づくり 大阪府共同募金会、枚方市社会福祉協議会ラポール内です。
左は「火の用心」枚方寝屋川消防組合 枚方市消防団です。
まん中の上は、「交番だより 12月号」枚方市駅前交番です。以上の3枚は岡東町自治会の役員さんが持って来られました。
まん中の下は、「歳末警戒実施中」大阪府警察です。このポスターは枚方質屋組合の加入する枚方市職域防犯協会から配布のあったものです。