2019.01.17
つづきです。
政治家先生方の写真を載せる方がいいか、載せない方がいいかについてです。
このホームページを見ている人は、おそらく近くの人が多いと思います。この町の風景の、この町の範囲の人が多いのではないでしょうか。その近くの人がこのページに載っている政治家先生方の写真を見てどう思われるでしょうか。
岡東町の住民にすると、先生方にはいつも岡東町を気に掛けていただき有り難うございます。岡東を制する者は枚方を制するからでしょうか、です。しかし近くの他の町の人はどう思うでしょう。
ちなみに市役所に聞きますと、枚方市に町は391、大字は津田などの4、合計395あるとのことです。先生の身体は一つ。とても周りきれません。
他の町の人にすると、先生方はすこしも来てくれない。自分とこの自治会なんかほったらかしやと普段から不満に思っている「町」があるかもしれません。そこから町内によってそんなに差を付けていいのんか、となることはないでしょうか。
もしそうなら、そうした不満がこうじて先生方に迷惑を掛けてもいけないので、「この町の風景」に先生方の写真を載せる方がいいのか、載せない方がいいのかは難しいことです。


2019.01.16
12日の岡東町新年互礼会の続きです。
ご挨拶のあと奥の和室の前で乾杯の音頭がとられました。その様子を撮るのに手前のカウンター席から撮った写真です。
私は左側の窓際の6人掛けのテーブル席に座っていました。奥の和室の方は主にご婦人方で賑わっていました。
 

写真の左は市長の伏見さんがお見えになり挨拶されているところです。
右は衆議院議員の佐藤ゆかりさんが到着されたところです。
府議会議員の中司さんもお見えになりました。
今日は政治家の皆さんは「どんど焼き」など新年の催しに行くところが多く掛け持ちで大忙しです。
中司さんに正月からこうした出席が多いですかとお聞きしますと、毎日らしいです。

奥の和室です。
来賓者をバックに岡東町のご婦人の前で橘内会長さんが歌う、『きょ~うも楽しく飲めたのは皆々様のおかげです、皆々様の~』、です。この歌になるといつもはこの後お開きになりますが、この日は終わりませんでした。

政治家の先生の写真をこのページに載せるのは躊躇することがあります。確かにそうした大物の写真を載せるとこのページに箔がついてアクセス数が増えるかもしれません。しかし私は元々そうしたことを望んでいません。しかしだからと言って、せっかく新年互礼会に来てくださったのにまったく載せないというのも失礼なことです。それで小さく載せさせてもらいました。


2019.01.15
1月12日(土曜)PM6時より枚方市駅前 「びっくり寿司」さんで、岡東自治町内会の新年互礼会が開かれました。
会の始まる前の写真です。左に準備中の橘内会長さんが見えます。右の長いカウンターのなかほどで計算している人は、入って来た人から参加費を集めている自治会の役員さんです。
参加者は先ずここで参加費を払って奥へ入ります。奥には和室が2部屋ありぶち抜いて使っています。参加者は60名でした。


奥の和室の前のロビーです。
新年互礼会は井上副会長さんの上手な司会で始まり、橘内会長さんが挨拶に立たれました。写真の右が広い和室になっていて町内のご婦人がたくさん座っています。

 次ぎに岡東町在住の前衆議院議員の伊東さんが挨拶されました。区民体育祭は今年も頑張りますと言われました。
 
  

次ぎに岡本町の市会議員の大塚さんが挨拶されました。
3期12年勤められた議員さんを今年で勇退されるとのことです。枚方ぽい、いかにも地元の人という感じで話しやすい議員さんでした。それと昔の市役所時代の後輩を紹介されました。以前に岡東町に住んでいたことがある人で国立大学出の才女です。大塚さんと違いこちらは気つけてしゃべらなあかんねんやろか。

ちなみにこの女性に聞こえるように近くにいた自治会の役員さんに、次の市会議員選挙に岡東町から立候補する人はいないのですかと問いますと、質問の意外性に、ええーと驚いておられました。いえ、私もそんな話しは聞いたことないのですが、あってもおかしくないので。


2019.01.11
近くのお宅の奥の柵にヒヨドリが止まっています。分かりますか。
今まで左の木にたくさん雀が来ていました。その様子を道から撮ろうとしましたが、一斉に飛び去って雀の一群は撮れませんでした。
いつも見る雀よりすこし小さくて20~30羽が次の木へ、次の庇へ、次の庭へと集団で飛んで行きます。雀の学校の町内学習授業というところでしょうか。その移動する雀を撮ろうとシャッターチャンスやアングルを考えている間にいなくなり、けっきょく雀は撮れませんでした。


2019.01.10
写真撮りにいいでしょうと、岡会館で「よさこい」の振付をしてくださっている近所の守田さんから家人がいただきました。
穂谷の新田さんという人が栽培されたカラーニンジンです。サラダにでも、細いですからこのままかじってもいいです。


2019.01.09
前後しますが写真の左は先週金曜4日のごみ収集に出したナイロン袋がカラスに荒らされたところです。
袋の内側をチラシの紙で巻きましたがやられました。正月開けはどこともカラスの欲しがる物が入っているのかこの日は近所のごみ袋もたくさんやられていました。

写真の右は当店の前の市道のアスファルトの継ぎ目です。これはもう20年ほど前のことになりますがこのアスファルトの凹みに、ごみを荒らすカラスを追い払うのに打たれた不発弾(かんしゃく玉)がはまっていて、それを車のタイヤが轢いて破裂し大きな音がしました。
ちょうどその時、たまたま警官2人が店の内にいてとっさに1人が立ち上がり、チャカ(業界用語でピストル)みたいな音やと言いました。当店は組事務所でないのでピストルの弾を撃ち込まれるはずはないのですが、パンーと音がした瞬間に立ち上がった警官の動作は早かったです。
私はごみを荒らすカラスを追い払うのに履いているツッカケを放り上げますが、かんしゃく玉を投げて音でカラスを追い払う方法があります。20年前はその射られた弾のなかに破裂しなかった玉があったのでしょう。カラスを追い払う手段として飛び道具使用の是非はありますが、不発弾は回収が必要です。


2019.01.08
パリ公益質屋を報じるテレビ画面です。
昨夕、街道筋三矢町を散歩していると、ちょうど元質屋さんの前あたりで携帯電話が鳴り、いまBSテレビでフランスの質屋のことを放送しているとの連絡でした。急いで帰って番組を途中から見ました。

写真は公益質屋が入って入る(記念館?)パリ市町村信用金庫の建物です。人々を支え続けて400年の歴史、昔に質草が保管されていた大きな倉の内部の映像、1866年の顧客リスト、等々の内容でした。また現在アビニョン市町村信用金庫の公益質屋を利用している移民の人のこと、流質品のオークションのことなどでした。質屋にはとても勉強になる面白い内容でした。・・質屋の風景の文章でないのにどうしてもネタが質屋のこと、質屋の方へといきます。


2019.01.07
昨日は第一日曜なので朝8時から岡東公園の掃除をしました。
参加者はいつもより少なかったです。落ち葉も多くなく掃除は20分ほどで終わりました。
そのあと温かい缶コーヒーとパンをもらい話しているところです。


2019.01.05
近くのお宅の裏口を守るあいちゃんです。柴犬、メス、8才。
このページには 2017.01.29 と、もう一度登場しています。
写真は昨日朝10時半です。寒いですが日差しは明るく、日光浴をさしてもらっているように見えます。タイルの上に麻の布袋のようなものを一枚敷いてもらって座っています。