2018.12.13
橋本質店のガレージ側の窓に下がる「歳末警戒実施中」のたれ幕です。これは職域防犯協会からきたものです。
職域防犯協会は枚方市内の職種単位で作る団体、例えば飲食業、コンビニ業、自動車整備業、警備業、ぱちんこ遊技業、ゴルフ場業、クリーニング業、宅建業、他などの各業界団体の防犯協力会が集まって作っているものです。枚方質屋組合防犯協力会もその中に入っていて、当店には職域防犯協会から定期的に配付物があります。
2018.12.10 に載せました店の前のタイルに貼ってます「歳末警戒実施中」のポスターは、これは岡東自治町内会からのものです。


2018.12.12
左の写真は 2018.11.16 にも載せさせてもらいました近くのお宅の皇帝ダリアです。
今はピンクの花が終わり、後にいくつも実がなっています。
右の写真は近くの教学室の皇帝ダリアです。去年は 2017.12.15 と 2017.12.21 に載せました。
今年は出だし良く太い幹で伸びましたが、台風21号の強い風でなくその前の8月の弱い台風で早々と一度倒れました。引き起こしてロープで結わえるのが億劫なのであきらめて幹の途中で切りました。その後に出てきたものです。細く伸びて今は 3m ほどになっています。しかしまだ花芽はありません。時期的に今年の花は無理でしょうか。


2018.12.11
2018.12.06  のつづきです。私の家はむかし八幡市の質屋でした。となりの枚方市の質屋とは組合は京都と大阪で違いますが以前から古物市場などで顔をあわすことがありよく知っていました。
これは若い時に枚方の質屋から聞いた話しですが、昔(戦前?あるいはもっと前のことを言ったのかも知れません)は枚方で質屋をするには街道筋三矢町にある質屋さんの認めが必要だと、そう言ったらしいです。

私が昭和62年に枚方市岡東町で質屋をするときは勿論そんなことはなく、普通に警察に申請し許可を得ました。営業許可が下りてから次の吉日を選んで開店するのに、一応その前に三矢町の質屋さんに開業のご挨拶に伺いました。そしたらちょうど建てかえのために昔の建物を壊す工事の最中でした。呆然とし前の道に立っていると近所の人がこちらの人は仮住まいの向こうに住んでおられるとのことでした。では、また日を改めてご挨拶にと思って帰りそのままになりました。私はそのままにすることが多いのです。すみません。以来、前の道を通るときは頭を下げています。

後日に、三矢町の元質屋さんの縁戚のご婦人にお話を聞く機会がありました。昔はご親戚の三矢町のお店の認めがないと枚方で質屋が出来なかったと言いましたねとお聞きしますと、それは許認可のことでなく、例えば、たばこ屋さんは距離が離れてないと出来ませんね、そういうことを言ったことではありませんか。昔のことですからよくは知りませんが、というお話でした。時代時代のことは分かりませんが街道筋のこちらのお店が質屋の権威だったことはあるでしょう。
街道筋の長い歴史のある質屋さんは昭和の終わりに店を閉じられ大きな洋風のお宅になりました。当店は昭和の終わりに線路のこちら側に質屋を始め平成いっぱいさせてもらいました。


2018.12.10
橋本質店のタイルに貼っている「歳末警戒実施中」のポスターです。大阪府警察からです。大版ですので壁に貼りました。
右の掲示板に貼っているのは「枚二みつば」のポスターです。来年1月11日(金曜)新町会館を全館使用して、カフェ、体操、ゲームをします。枚二校区コミュニティ協議会からです。お問い合わせは、枚方市地域包括支援センターみどり 072-845-2002 へ。


2018.12.08
岡東公園へ上がる途中の花壇です。
今は石蕗の黄色い花が咲いています。
手前は紫陽花です。当店の鉢植えの紫陽花は茶色く葉が枯れていますが、ここのはまだ緑みどりしています。間にパンジーが植わっています。岡東町のご婦人がいつも手入れされています。


2018.12.07
橋本質店の軒下の掲示板です。
左から、交番だより12月号です。
真ん中は、歳末たすけあい運動 12/1~12/31 「募金はこんなことに使われます!」大阪府共同募金会 枚方市社会福祉協議会からです。
右は、粗大ごみ収集の申し込みはお早めに!枚方市環境部からのお知らせです。
1週間ほど前からこのポスターです。また新しいポスターが来てますので貼り変えます。


2018.12.06
前のつづきです。ネタがないので一昨日は店内の壁の「質屋」の鑑札を撮って、それでこの町の風景を書こうと考えました。確かにここから書いていく方向はいくつかあります。しかしどの方向へ行っても全部、質屋の風景になります。まぁー、しかし立ち位置で見える景色は変わりますから、よろしかったら読む人はこの町の方から読んでください。
当店の建物は昭和62年に竣工し、それから質屋と古物商の営業許可申請をしました。質屋の許可は本部許可ですから長くかかり、枚方署と府警本部と2回係官が検査に来ました。昭和63年2月に大阪府公安委員会の許可が下りたと警察署から連絡があり、枚方警察署に許可証をもらいに行きました。古物商の鑑札(16cm×8cmアルミ板に塗装)はその場でもらいましたが、「質屋」の鑑札の方は高槻まで行ってくれと地図を渡されました。
阪急の高槻駅に行くバスが171号線から斜めに商店街を入って行きますね。あの筋の自転車屋さんでした。その店で質屋の鑑札の板を買い、それを持って枚方署へ戻ると警察の人が大阪府公安委員会の字の後ろに私の許可番号の数字を鏨で打刻してくれました。
その時代から疑問に思ったままですが、どうして「質屋」の鑑札が高槻市なのか? 例えばそれは大昔のこの地域の質屋の鑑札が、高槻藩が取り仕切っていた名残であるとか。それともただ単に質屋の鑑札の需要がないから、置いている店が近くでは高槻市にしかなかったからか。いつか調べようと思ってそのままになりました。


2018.12.04
左は橋本質店の店内の壁にある鑑札です。紙の許可証は別にあります。
上から「質屋」、下の「衣類商」とあるのは古物商の表示です。この2枚は昭和63年2月の開店時からあります。その下の青い「時計・宝飾品商」の板は15年?ほど前に古物営業法の改正があり、その時に質屋組合からもらったものです。
右の写真は、今年また古物営業法の改正があり、昨日大阪質屋協同組合で府警本部の担当官を講師に講習会があり、その会場でもらった用紙です。受講のため昨日は昼から店に「本日休業」の貼り紙をして行きました。


2018.12.03
上の写真は昨日、岡東公園の掃除のときに公園の上から下の道路の掃除の様子を撮ったものです。
道路と側溝にもたくさん枯葉が落ちていて掃いてナイロン袋に入れているところです。
中腹を下りて行くスロープが写っています。階段でなくここを歩く人もいます。

下の写真は道路から公園を見上げたものです。
花壇に今は紫の花が咲いています。その向こうにも何の苗か知りませんが植わっています。手前で土から芽が出ているのは水仙でしょうか。花壇は岡東町のご婦人がたえず手入れされています。


2018.12.02
今朝は8時から岡東公園の掃除をしました。
この時期は落ち葉が多く、掃き集めて入れたナイロン袋が多く出ました。掃きながら、落ち葉を集めて燃やしたらどうかという話しをしていましたが、今は燃やしたら駄目なんですね。
写真は掃除を終えた後、缶コーヒーを飲みながら岡東町の自治町内会と、老人会の連絡事項を聞いているところです。


2018.12.01
月初なので意賀美神社さんにお参りしました。写真は境内の掲示板です。
右上に「法定掲示板」と書いてあります。神社も掲示が法律で決まっているんでしょうか。質屋の場合は質屋営業法に基づき流質期限や利率などの「掲示」を店に貼らないといけないことになっています。また質預かりを記帳する質物台帳は法定帳簿です。これは神社のお参りとなんの関係もないことですけど。
意賀美さんはいま、前の地震と台風の強い風でいたんだところを直す工事が入っています。正月までに急いでおられるのでしょう。